最近のトラックバック

最近のコメント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« ◎プラナロム社の精油、販売始めました◎ | トップページ | セラミックの歯も陶磁器だってご存知でした? »

2008年3月21日 (金)

きらり白い歯ホワイトニング、そしてうっとり白いアロマクリーム♪

3月後半突入!みんなが「くしゃみが止まらなくて・・・」なんて話しているのを横目に

『私、平気だ。。ひょっとして花粉症治ったかも?!』なーんて思っていたのも

つかの間、もう朝起きてぐすぐすで口はカラカラ、くしゃみが止まらないという

日々が始まりました(;。;)そんな私の一日の始まりは

ティートリーソリューション」という、水溶性のティートリーの エッセンスでうがいを

しています。もちろん喉にも口内の殺菌作用もImgp0009_2

あるので、一石二鳥です☆最初は少し苦い

ですが、慣れれば今はおいしいくらい(笑)

さっそく出来た口内炎もこれで私は治りました

みなさんも、当院にいらしたら

是非試してみて下さいね!

お手洗いに設置してありまーす☆

ちなみに、花粉症にはユーカリが有効的ですが、

ケモタイプのユーカリ・ラディアタのほうがユーカリ・

グルブルスよりいいそうです

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

ところで前々回にお話しした、私の歯を使ったホワイトニングの経過をお伝えします!

Wh1_3 

画像大きすぎます?分かりやすくしてるので我慢してください・・・(笑)

まずは紅茶が好きなので、歯にこのように着色してしまうんです。コーヒーや

煙草でも歯の表面・裏側ともに汚くなりますよね。

Wh2a

そして、これがエアフローという重曹を吹きつけて汚れを取る機器で

きれいにした私の歯。これだけでもすごいきれいになるんです

でも、私はとてもきれいになり過ぎる方なので、普通の方だともう少し黄ばみが

残るかもしれません。

Wh3

しかーし、次のこの写真。

上の歯だけ、2回ホワイトニングしたものです。どうです?透明感感じませんか?

私の場合、歯が少し薄いので、あまりに白くなって先端が少し透けているのが

分かりますか?(生まれつきでCMで言われている酸蝕歯ではありません)

当院では、オフィスホワイトニングは使う薬剤の関係上お勧めしていないので

おうちでマウスピースにジェルを入れて使って頂く「ホームホワイトニング」になりますが

その方が、断然歯と歯茎に対する負担は激減します。安心してお使い下さい。

ただ、いくらホワイトニングをしても、また紅茶・コーヒー・たばこ・・・・の生活が続けば

やはり着色していってしまいます。(半年から1年は持ちますけどね)

しかし、またホワイトニングをすれば白くきれいな歯になるので、男女問わず

お助けアイテムとして、ぜひ一度試して頂きたいです☆

次回はさらにこの歯を白くすべく「イーブライト」で光を当てたその後を

お知らせいたします!

                                              

Img_0311_4

そして前にもご紹介した

手作りアロマハンドクリーム

今回すっごくとろーりとした

そして患者さんにも「すごくしっとりします!!!」と

お墨付きを頂いた秀逸なクリームが

出来ました。

とろっとしているのであえて綿棒で

取って頂くのです

ベンゾイン(安息香)を入れたので、

ほのかに甘い、いい香りになりました☆

もちろんこのクリームにもプラナロム社の精油を使っているので、皆さん是非

使ってみてくださいね(*^。^*)

============================================================

中沢歯科医院 http://www.nakazawa-shika.com

品川区戸越銀座にOPENしてから14年。中沢歯科は新しく生まれ変わり

ました。今後さらに、「リラックスして治療が受けられる医院」を目指していきます!

※以前は戸越銀座温泉の斜め向かい、お花屋さんの2階にありました(現在:さくら鍼灸院)

歯科 一般歯科 審美治療 インプラント ホワイトニング レーザー 矯正 デンタルアロマ

« ◎プラナロム社の精油、販売始めました◎ | トップページ | セラミックの歯も陶磁器だってご存知でした? »

トラックバック

« ◎プラナロム社の精油、販売始めました◎ | トップページ | セラミックの歯も陶磁器だってご存知でした? »